廃車の還付金

廃車にすると税金が還付される

廃車の税金還付をご存知ですか?車検が残っている自動車や、車検が残っていなくても還付される税金があります。

カーネクスト大阪には、中古車販売店で査定をしてもらって0円と言われた車の問合せが多数あります。廃車同然の車でも買取りをさせて頂いておりますが、車自体の買い取り価格に合わせて税金の還付金相当額も一緒に買取り額としてお支払いしておりますので、他社で0円査定だった車が5万円以上になるケースもあります。

こちらでは、廃車にすることで還付される税金についてご説明いたします。

税金が還付される条件とは

廃車をすることによって還付される税金は下記の3つとなります。

自動車の税金は、車検を取得するときや毎年納付書が届き、何気なく支払っている方もおられますので、還付されることをしらない方もおられます。しかし、還付金は廃車となるような車の場合、車の買取額より還付金の方が多くなるケースもあります。

  1. 自動車税
  2. 重量税

その他、廃車にすることによって受けることができる還付金は自賠責保険の還付金があります。

税金が還付される条件とは、一時抹消登録または永久抹消登録をする必要があります。還付される税金によって条件が異なりますので、還付に関してまとめてご説明致します。

廃車の税金はいつ還付されるのか

廃車手続きをすると税金還付を受けることが出来ますが、いつ還付されるのかをご説明します。

廃車の税金が還付されるのは、廃車手続きを行ってから2ヵ月~3ヶ月後となります。これは、自動車税と重量税とともに同じくらいの日数がかかります。少し忘れたことに還付通知が届き、もよりの銀行や郵便局で換金できる仕組みとなっております。

税金還付を早く受けることができないのか

自動車税の還付は都道府県の自動車税事務所が管轄しており、重量税は国税が管轄となります。

廃車手続きをしてから、還付金を受けるまでに2-3ヶ月かかりますので、少し時間が掛かりますが、残念ながら早く還付金を受ける方法はありません。還付通知が届くまで待ちましょう。

重量税の還付は廃車してから永久抹消が必要

重量税の還付を受けるためには永久抹消(解体届出)が必要となります。

自賠責保険の還付金を受けるためには一時抹消登録のみで可能ですが、重量税の還付を受けるためには一時抹消登録では還付金を受けることが出来ません。

永久抹消登録及び解体届出とは

永久抹消登録とは、自動車の解体業者によって解体された後に行う手続きです。自動車が解体された日から15日以内に手続きを行います。

一時抹消登録とは異なり、永久抹消登録は永久的に自動車を使用できなくする手続きを指します。したがって、ナンバープレートを陸運局に返却するだけでは手続きを行うことが出来ず、解体業者の解体の引き取り報告番号というものが必要になります。

自動車税の還付は廃車手続き(一時抹消)で還付受けられる

自動車税の還付は、重量税の還付とは異なり一時抹消登録をするだけで還付を受けることが出来ます。

永久抹消と大きく異なる点としては、一事抹消登録はナンバープレートを陸運局に返却して一時的に抹消するだけですから、将来的に車を乗りたいときに改めて車検を取得して登録をすることが出来ます。

また、廃車手続き(一時抹消)をすることによって毎年課税される自動車税は課税されなくなります。

廃車手続き(一時抹消)すると車検が無くなるので注意

一時抹消登録をすることによって、自動車税の還付を受けることが出来ますが、その時点で残っている車検は全て無効になります。

例えば、車検が残り1年半あったとしても、一時抹消登録をすることによって、その残りの車検は無効となり、改めて車を乗る場合は、車検は再度受けなければなりません。

廃車の税金まとめ

廃車にすると税金が戻ってくるので、特に車検が残っている車は中古車買取り店に売却するより廃車にした方が特になるケースがあります。

でも、税金還付は数ヶ月先になるし、お得感があまり感じない。という方もおられると思いますが、カーネクスト大阪では重量税や自賠責保険の還付金相当額も車両買取額に合わせて買取をさせて頂いております。したがって、他社で価値がないといわれて0円査定を受けた車両でも、車両買取金額と重量税と自賠責の還付金を含めて5万円以上の買取額になるケースもあります。

廃車同然の車や事故車の買取りはカーネクスト大阪にお任せください!