廃車手続き

軽自動車の廃車手続き(抹消登録)必要書類

軽自動車の廃車手続きは、普通車と比べて必要書類が少なく、手軽に廃車手続きを行うことが出来ます。特に、市役所で取得する印鑑証明書や住民票が不要なのは、普通車との大きな違いと言えるでしょう。

廃車手続きとは、一時抹消登録や永久抹消登録をすることをいいます。管轄の陸運局で手続きを行うことができます。

こちらでは、軽自動車の廃車手続きや費用についてご説明いたします。

軽自動車の廃車手続きにかかる費用

カーネクスト大阪では、軽自動車の廃車手続きを無料で承っております。通常では、料金がかかるような内容でも無料で手続きを代行しております。

軽自動車の廃車手続きは、軽自動車の陸運局で行います。ディーラーさんに廃車手続きを依頼する場合は、数万円の手数料がかかることがあります。

また、所有者本人が陸運局に行って手続きをする場合も、仕事を休んで手続きに行くことや、陸運局に支払う手数料などがありますので費用がかかります。

カーネクスト大阪では、軽自動車の廃車手続きを無料で承っておりますのでお気軽にご相談ください。

尚、車検が残っている車の場合は、廃車手続きをすると税金の還付を受けることができますので、中古車として売却するよりも廃車にした方がお得です。

ディーラーで軽自動車を廃車手続きをするときの費用

ディーラーで、軽自動車の廃車手続きをするときはどのくらいの費用がかかるのでしょうか?カーネクスト大阪に廃車手続きの申込みを頂いたお客様へのヒアリングなどから、かかる費用をまとめました。

ディーラーや中古車店で軽自動車を処分する場合の諸費用
廃車手続き代行費用 1万円前後
レッカー費用 2~3万円(引取場所までの距離による)
解体費用 1~2万円
費用合計 4~6万円

通常は、レッカー費用が一番高額になります。レッカー引取の場合は、出動料金で基本料金が設定されており、運搬距離によって、1kmあたりの料金が決まっており、距離に応じて加算されていきます。したがって、運搬する距離が長ければ長いほどレッカー費用が高くなる仕組みとなっています。

カーネクスト大阪に、廃車手続きをお任せ頂いた場合は、上記の費用は全て無料になります。

軽自動車の廃車手続き必要書類

軽自動車を廃車手続きをする際に必要になる書類です。

  1. 自動車検査証
  2. 自賠責保険証
  3. リサイクル券
  4. 認印

軽自動車の廃車手続き必要書類一覧表

軽自動車の廃車手続きをする際に必要となる書類一覧は下記のとおりです。

自動車検査証(車検証)

軽自動車の車検証は、薄い緑色でA4サイズになります。記載されている内容は、自動車登録番号(ナンバープレートの番号)や車台番号などになりますので、基本的に普通車と変わりありませんが、違いといえば、車検証の中央付近に記載されている所有者と使用者の情報が、軽自動車の場合は使用者が上部に、所有者が下部に記載されています。普通車は逆ですので、間違えないようにしましょう。

尚、車検証は自動車に備え付けていなければなりません。したがって、一般的にダッシュボード(助手席の正面)に保管していることがほとんどです。車検証が見当たらない方はダッシュボードを探してみましょう。

自賠責保険証明証

車検を取得するときに必ず入らなければならない強制保険です。車検が残っている場合は、カーネクスト大阪には自賠責保険の還付金相当額も廃車の買取額に上乗せして買取致しますので、自賠責保険証明書が必要になります。

自賠責保険証は一般的にダッシュボード(助手席の正面)に保管していることがほとんどです。車検証が見当たらない方はダッシュボードを探してみましょう。

尚、車検が残っている場合は自賠責保険料の還付を受けることができます。これは、廃車手続き(抹消登録)をすることで還付を受けることができます。カーネクスト大阪では、廃車の車体の買い取りと一緒に自賠責保険の還付金も買取をしております。

リサイクル券

自動車リサイクル法が2005年に定められ、車の所有者はリサイクル料を負担しなくてはなりません。

万が一、リサイクル料金を未預託だった場合は、リサイクル料金を預託する必要があります。尚、リサイクル券が紛失している場合、リサイクル料金を預託しているのであれば何ら問題はありません。

認印(申請依頼書に押印)

申請依頼書に認め印の押印をいただきます。申請依頼書とは、本来は軽自動車の陸運局で廃車手続きをするのは所有者本人でなければなりません。

申請依頼書(委任状)を頂くことにより、所有者様が行うべく廃車手続きを代行してカーネクスト大阪が行うことができます。

申請依頼書のダウンロード(軽自動車検査協会のサイトへリンク)

追加の書類が必要になるケース

軽自動車の廃車手続きをする上で、上記の書類一式を揃えても手続きができないケースがあります。その具体的な例として下記をご確認ください。

車検証の所有者がローン会社や第三者の場合

軽自動車の廃車手続きを行うためには、所有者の認印が必要です。

例えば、所有者が本人以外の場合は、別途書類が必要となりますので、事前にご確認ください。特に、新車や中古車を購入する際にローンを組んで購入している場合は、所有者がローン会社になっている場合があります。その場合は下記の書類が必要となります。

  1. ローン会社の申請依頼書(認印の押印)

軽自動車は印鑑証明書が不要ですので、認印の押印があれば結構です。法人の場合は法人の認印の押印が必要となります。

軽自動車の廃車手続きをご依頼頂いたお客様の口コミ評判

カーネクスト大阪に普通車の廃車手続きをお任せ頂いたお客様の声をご紹介します。カーネクスト大阪は他社と異なり、圧倒的な手続きの実績がありますので、どのようなイレギュラーにも丁寧に対応し、ミスのないように心がけております。

オペレーターさんの対応がよかった(2018.02.14)

廃車の知識が全くありませんでしたが、オペレーターさんの対応がとても良く、書類の見方から教えていただきました。廃車引き取りの後も譲渡先の車検証の写しを閲覧できたので、とても、きちんとした会社だなぁ、と思いました。とても安心できる会社に巡りあえてよかったです。ありがとうございました。

廃車が無料になり満足しています(2018.02.14)

廃車費用が発生すると思っていた為、購入予定の中古車店で無料で引き取ってくれるとの事に満足していましたが、検索で御社の事を知りました。自動車税が戻るという知識もなかった為、本当に助かりました。オペレーターの方、引き取りの方も皆さん対応が良く、次回も機会があれば利用したいと思っています。又、廃車検討の方にも教えてあげたいと思いました。お世話になりありがとうございました。

スムーズな取引ありがとうございました(2018.02.13)

スムーズに対応頂きありがとうございます。長期出張が突然きまり、早く車を処分したかったのですが、間に合って助かりました。

軽自動車の廃車手続きはカーネクスト大阪へ

軽自動車の廃車はカーネクスト大阪にお任せください。

どんな軽自動車でも、0円以上の買取保証をお約束し、不動車などの場合もレッカー引取り料も無料、そして面倒な廃車手続きも無料でさせて頂いております。

年式が新しい車や低走行の車の場合は、事故車であっても買取をさせていただきますので、お気軽にお問い合わせください。